腸内洗浄 病院

病院で行う腸内洗浄のやり方

腸内洗浄は医療行為の一つ。 病院で行うこともできます。

今までは、出産前や手術前など必要とされたときに行うものでしたが、 デトックス効果による腸内洗浄の人気から、医療行為の浣腸としてではなく、 「腸内洗浄」として行うことのできる病院もあります。

しかし、医療行為以外での腸内洗浄を行える病院は、まだまだ少なく、 大都市にある美容外科などでしか、受けられないことが多いようです。

 

腸内洗浄を病院で受けるときの手順としては、まず、問診を行います。 問診で、その日の体調やその他のことをチェックしてもらい、 腸内洗浄の説明も受けます。 わからないことがあったら、このときに、しっかり聞きましょう。

問診のあとは、腸内洗浄へ。 ベッドに横向きに寝て、肛門に傷をつけないよう、ゼリーを塗り、 ゆっくりと管を入れます。

病院で「腸内洗浄」として行う場合は、グリセリンなどの薬剤を使う方法よりも、 温浄水を使う方法が多いようです。 腸内洗浄の施術では、温浄水を入れて排出することを、2〜3回繰り返します。 温浄水を入れているときに、おなかをマッサージする場合もあります。 時間的には、だいたい1時間程度。 最後に、きちんと排便をし、腸内洗浄は終了です。

 

病院によって、料金は異なりますが、 腸内洗浄は、自費診療になるため、1万円以上かかります。(初診料などは別)

腸内洗浄を行っている病院では、 きちんとプライバシーに配慮した施術室を設けているところもあり、 腸内洗浄につきものの「恥ずかしさ」が軽減されるように考えている病院もあります。

病院で、腸内洗浄を行う場合は、費用だけでなく、 患者側の「恥ずかしさ」を考えてくれているかをチェックすることで、 腸内洗浄への抵抗も減るのではないでしょうか。


コロンキットの腸内洗浄スターターセット