腸内洗浄とは

汚れた腸が病気をつくる

便秘解消やデトックス効果で人気の腸内洗浄

腸内洗浄とは、一言で言うと「浣腸」。 浣腸の新しい呼び方を、腸内洗浄といいます。

浣腸は医療行為として、病院でグリセリンなどの薬剤を、肛門から注入し、 便秘を解消したり、手術や出産の前などに便を出し切ってしまう目的で行われます。 「イチジク浣腸」などを利用して、自分で行うこともできます。


浣腸の歴史は、意外と古く、紀元前1500年前のエジプトで、 浣腸が使われていたという文献があります。 日本には、西洋医学の伝来とともに伝わり、江戸時代から広まっていきました。 昔は、腸から栄養補給させるための浣腸もありましたが、 浣腸で腸内に注入したものから、栄養分を吸収する効果があまりないため、 今は、行われていません。

腸内洗浄は、浣腸と同じ行為ですが、便秘を解消したり、宿便を取ることが できるため、肌荒れ、吹き出物の改善や便秘が原因の体調不良の改善、ダイエット効果など をうたい文句に病院だけでなく、エステなどでも行われています。

デトックスという言葉が一般的になってきた昨今では、 自分で自宅で行える腸内洗浄、飲む腸内洗浄なども人気 となっています。また、肛門から注入する薬剤も、グリセリンやクエン酸といった 、医療行為で使われるものに限らす、コーヒーなども使われ、アメリカではビフィズス菌を溶かした薬剤なども使用されているそうです。

このように、腸内洗浄は便秘解消やデトックス効果で、人気が高まっていますが、 実は、れっきとした医療行為の一つ。 自分で行ったり、資格のないエステなどで行うことには、危険も伴います。 腸内洗浄を行う前に、きちんとやり方や注意点などの説明を受け、納得してから行うようにしましょう。


自宅で簡単腸内洗浄!

コロンキットの腸内洗浄スターターセット